音で健康に。色で自分を思い出す。主体的に生きいあなたへ

主に音と色のエネルギーや日常の気付きについて書いてます。この宇宙はエネルギー、私たちの身体も音や色のエネルギー(振動・波動・周波数)でできてるので、エネルギーを知ることが、全てよくなる近道です。音は音響振動療法、色は主にオーラソーマの視点から綴ってます。自分を活かして生きることが、充実した人生に繋がります。何かヒントになれば嬉しく思います。

夢か、志か。

皆様、こんばんは(^^)


久しぶりの記事です。
タイトルの「夢か、志か」ですが、

夢と、志というのは、
違うということを理解しました。


私の場合、
人の夢の話を聞いても、
そこに共感は、あまりありません。


夢も志も、
全て夢として括られてしまってますが、
志を聞くと、共感します。


私は、自分の夢という夢はありません。
旅行に行きたいとか、ブランド品が欲しいとか、
高級レストランに行きたいとか、
豪邸に住みたいとかは、ありません。


世界中に行きたいと思ってますが、
それは、見聞を広げ、
それを社会に自分なりに還元して、
貢献したいという想いが、
その先にあります。


私は、
志を持って生きてきたことに気が付きました。


夢という言葉に、
惑わされていたように思います。

この夢と志が、全て夢と言われていることで、
私のように混乱している人もいるかもしれません。


夢と志の違いを理解したところで、
私は、やはり志のある方に惹かれますし、
周りは志のある方々が多いと改めて思い、感謝です。

これは、私が志を持っているからこそ、
巡り会えたご縁なのだと思います。


夢は叶えたい(志)の途中にあるものに思います。
あなたの想いは、夢でしょうか?
それとも成し遂げたい志でしょうか?


夢はいけないと言っている訳ではありません。
人それぞれですが、自分が満たされた後に、
志を持つ方もいます。


もし、志がある方は、夢の話で終わるのでなく、
志までを話た方が、自分にも相手にも
伝わるのではないかと思いました。


今まで私は、夢しか語ってなかったと思います。
どうしたら、世界に貢献できるかばかりを
考えているのですが、
世界中に旅行に行きたいとだけ話していたら、
そんな夢があるんだなと思わるだけです。


世界に行って、その経験を持って貢献したいと
志まで公言することで、そこに賛同者が現れたり、
自分だけの力でなく、他の人の力も集まるのだと
思います。


その志が、「使命」というものかもしれません。


お読みいただき、ありがとうございました。