音で健康に。色で自分を思い出す。主体的に生きいあなたへ

主に音と色のエネルギーや日常の気付きについて書いてます。この宇宙はエネルギー、私たちの身体も音や色のエネルギー(振動・波動・周波数)でできてるので、エネルギーを知ることが、全てよくなる近道です。音は音響振動療法、色は主にオーラソーマの視点から綴ってます。私は人生を謳歌したい。色々試しているので、その経験からいいと思ったことをシェアしていきたいと思います。人生を楽しみたい方へ何かのヒントになればと思います。

やりたいことがあるのにやらない心理について

皆様、こんにちは(^^)

今日は、とても参考になったメルマガの
内容の一部をシェアしたいと思います。
TCカラーセラピー本部、開発者の
中田哉子(SAIKO)先生のメルマガです。


↓↓↓↓↓ここから↓↓↓↓↓

タイトル: やりたいのにやらない人の心理


ロバとセミ、すっぱいブドウ
2つのイソップ童話をご存知ですか?


<ロバとセミ

セミが鳴くのを聞いたロバが、

「なんてきれいな声だろう。
あんなに上手に歌えるとは、本当にうらやましい」

と、思いました。

それで、セミに向かって、

「あなたたちは何を食べているから、
そんなにうまく歌が歌えるのですか?」

「はい。つゆを食べているのですよ」

そこでロバは、つゆのおりるのを待って待って、
とうとう飢え死にしてしまいました。

というお話です。


誰かが良いと言った物に対して、
それが答えだと思って

他人の目標なのにもかかわらず
知らず知らずのうちに取り入れてしまっていませんか?



<すっぱいブドウ>


キツネが高い所にあるブドウが食べたくて
何度か跳び上がります。

しかし、届きません。

そして最後に、
「あのブドウはまだすっぱくて食べられないや」

と言って去りましたとさ。


というお話です。



自分で憧れているものや
心の底ではやってみたいなと思っていことがあるのに

チャレンジが出来ない、
ちょっとやってみて出来なかった、
チャレンジすることが怖い

などの理由で
あきらめることを合理化してしまう例えです。

やっている人が羨ましいのに、その人をバカにしたり、
あんなことをやって恥ずかしい、
失敗すればいいのに・・・
などと密かに思ってしまうこと。


例えば、レモンは普通すっぱいものですが
自分の持っているレモンは、まだマシなほうだ、
甘い方だ。これよりすっぱいレモンがあるかも
しれないから、今のままが一番いいんだ。

と思うような思考のことです。


そして、それは、
すっぱいレモンを自ら選んでいるとも取れます。

つまり、辛いことを自ら選んでいるわけです。


そのような人は、
「いつかは報われる」
「がんばっていれば、良いことがある」
「誰かが見ていてくれてるはずだ」

などと、
苦労することが生き甲斐になっていたりします。


これらは、心理学用語で「合理化」と言います。

自己防衛機制が働いてそうなるわけですが
言い方を変えると、自分に都合の良い言い訳です。


やりたいのにやらない人の心理とは
以上の3つの心理が隠れています。


まとめると・・・

チャレンジしたいことに対して

1.それは酸っぱいから要りませんと返してしまう
2.どうせやっても失敗する。とか、
やっている人をバカにして自分を正当化する
3.自分で辛いことを選んで自分を痛めつけるのをやめられない


このように、やりたいことがあるのに、
合理化の思考が働いて、心に蓋をしてしまっているため

やりたいことがあるに、できないのです。


一方、やりたいことをやれる人と言うのは、
あまいブドウをどうにかして取りに行く人です。

つまり、素直に理想を叶えて行ける人です。

↑↑↑↑↑ここまで↑↑↑↑↑


やりたいことがある人は、まだいいと思います。
やりたいこと、好きなことを忘れてしまっている人も
多い世の中です。


やりたいことがある人、チャレンジしたいことが
ある人は、合理化の思考で自分に言い訳しないで、
自分の気持ちに素直に向かうことだと思いました。


この前、ふと自分が上手くいってたときは、
他人のこととか考えないで、
自分のやりたいこと(やるべきこと)を
やっていた時だったように思います。


あれこれ考えず、自分のやりたいように
ワガママになってやればいいのかもしれませんね!

f:id:iliride:20210411183310j:plain

皆様の志や夢の実現の参考になればと思います。
お読みいただき、ありがとうございました。

【マナーズサウンド】池江選手、オリンピック出場決定

皆様、こんばんは(^^)


今日、白血病で闘病していた池江選手の
オリンピック出場決定のニュースがありました。
多くの方が、勇気と感動を頂いたと思います。

f:id:iliride:20210404203116j:plain

池江選手の病気と同じタイミングで、
私の父も病気がわかったので、
池江選手の病状は、他人事と思えず、
気にかけておりました。


私の父は、病院治療とマナーズサウンドのほか、
サプリメントも取り入れ、大変な病状は、
2ヶ月ほどでしたが、庭仕事が自分のペースで
出来るようになるまでに、1年掛かりました。


父の病気は、私に何か気付かせるというか、
導くためだと思っていたので、
〇月末までに良くなると、私はいつも目標を立てて、
前向きに向き合ってましたが、
付きっきりで看病していた母の方が
衰弱していたことを思い出します。

きっと、池江選手を支えた方々も
色々あったと思います。
今日は、新しいスタートのような日かもしれません。


さて、マナーズサウンドは、
日本では医療行為ではありません。
エネルギーを整えるものです。

私たちの身体は、
それぞれの部位がそれぞれ振動しています。
言い換えると、それぞれの振動=音を持ってます。

健康な身体は、振動=音が集まって、
人の耳では聞こえないけど、
美しいオーケストラを奏でています。
その振動=音が乱れた状態が、病気というものです。

乱れた振動=音を正しく戻すには、
正しい振動=音で、細胞を共振共鳴することです。
それをしてくれるのが、マナーズサウンドです。


マナーズサウンドを、多くの方に知ってもらい、
多くの方の身体の健康の悩みを
少しでも解決できたらと、
私も改めて思った日となりました。


マナーズサウンドについて、
詳しくはこちらをご覧下さい。
https://iridesalon.wixsite.com/iride/%E9%9F%B3%E9%9F%BF%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

お読みいただき、ありがとうございました。

自由とは

皆様、こんにちは(^^)


昨日、ある言葉が気になって
メモしておきました。

それは、

自由とは、
自分で自分の人生を歩むこと。
でも、完全に自由になることはない。


世の中には、ガリバー状態になっていることに
気が付いていない方も多くいます。
不満はあるけど、何も起こらなければそれでいいと、
見て見ぬ振りをしてるような状態です。


(私は、小人でなく、自分で自分を
ガリバー状態にしていたかも知れませんが…。)


私は、上の一文に
もう一言付け加えたいと思います。


自由とは、
自分で自分の人生を
「自分の質を生かして」歩むこと。
でも、完全に自由になることはない。


4月がスタートしました。
私も含めて、
皆様が希望溢れる道を進んでいきますように。
f:id:iliride:20210402112636j:plain

自分らしくあること

皆様、こんにちは(^^)

今日は3月最終日。今日を区切りとして、
明日から生活が変わる方も多いかもしれません。


私たちは、色々な制限の中に生きています。
例えば、学校、会社、法律、国家、
一般常識や社会常識などです。
また、自分自身も制限を加えているかもしれません。


社会制度の制限や、
自分で制限を設けていたとしても、
それが心地よくないものであれば、
自分で気が付いて、外せるものは
外していくしかありません。


人は、亡くなられる前に、
後悔する方が多いと聞きました。

それは、きっと自分らしく生きていたかどうか、
なのではないかと思いました。


色々制限はある中でも、自分らしく生きる。
自分らしくいるというのが、
簡単なようで難しいのですが…。

人生が難しく感じるときは、
自分を忘れているときのように思います。


新しい人生をスタートする方、
ずっと何かにチャレンジしている方、
また、わたし自身にも、
自分らしく、という言葉を贈りたいと思います。

f:id:iliride:20210331180356j:plain


お読みいただき、ありがとうございました。

変化を楽しむ

皆様、こんばんは(^^)


今日は、武学のワークショップに参加しました。
身体のエネルギー状態がよくわかりました。
身体は、何でも知ってました。


さて、人には、コンフォートゾーン
というものがあります。
今の状態から変化することを避けようとします。

不満があったとしても、変化するより、
そのままの状態でいることを選びます。
変化を恐れ、そのままの方が楽なんです。


新しいことに挑戦すると、
どうなるかわからないという不安や、
もっと悪くなったり、苦労するのではと思う
防衛本能です。


でも、その先を見たい人は、
挑戦してみることです。

やったことないことは、
挑戦するのに勇気がいりますが、
結果はどうあれ、新しい世界を知れ、
経験にもなり、自信もつきまます。


私も変化を恐れているところがありました。
ですが、やってみると何とかなりますし、
違う可能性が広がります。

f:id:iliride:20210328203206j:plain

話は変わり、冒頭に書いたように、今日、
武学のワークショップに参加しました。
自分がどの状態がいいのかは、自分ではわからず、
他人に確認してもらうしかありません。
相手が必要でした。

ワークショップからも、人は、
人との関わりが必要だと教えられました。


1人で変化をする勇気がなければ、
誰かに助けてもらえばいい。


私は1人では進めなかったのですが、
人の協力を得て、進めるようになりました。
これもまたタイミングなのでしょう。でも、
そのタイミングも引き寄せるのも自分かもしれません。


お読みいただき、ありがとうございました。

未来は自分で決める、選択できる

皆様、こんばんは(^^)


私は、自分の使命を感じていながら、
ずっとそれをやるのが正解なのかどうかの
答えを探していました。


ですが、以前のブログ記事にも書いたように
この世に正解はなく、自分でやりたいことを
やればいいと、やっと腑に落ちました。


人は生まれる前に、やることを決めてきていると
言われてますが、
〇〇をやらなければいけないというようなことはなく、やりたいことを自分で決めて、
それをやっていけばいいだけのことでした。


また、今の意識状態も決めるのは自分です。

もし、今、
何かを乗り越えなければならない状態だとします。
それを辛いと思うか、未来に向けての
ギフトだと思うかも自分だということ。
日常の意識状態も、
自分で決めていいということです。


あなたは、
1年後、3年後、5年後どうなっていたいですか?

f:id:iliride:20210326225644j:plain


その思い描いた姿が、自分の向かう方向です。


本当の自分探しや、使命探しは、
存在しない正しい答えを、
外に求めているということです。

実は、全て自分の中にあって、
また、自分で決めていいということです。


自分の中の想いは、ひとりで外に出すことは
難しいかもしれません。

その想いを外に出すお手伝いを、
オーラソーマを通して行ってます。
https://totocchy.wixsite.com/iride/


気になった方は、お気軽にご連絡ください。

お読みいただき、ありがとうございました。

夢か、志か。

皆様、こんばんは(^^)


久しぶりの記事です。
タイトルの「夢か、志か」ですが、

夢と、志というのは、
違うということを理解しました。


私の場合、
人の夢の話を聞いても、
そこに共感は、あまりありません。


夢も志も、
全て夢として括られてしまってますが、
志を聞くと、共感します。


私は、自分の夢という夢はありません。
旅行に行きたいとか、ブランド品が欲しいとか、
高級レストランに行きたいとか、
豪邸に住みたいとかは、ありません。


世界中に行きたいと思ってますが、
それは、見聞を広げ、
それを社会に自分なりに還元して、
貢献したいという想いが、
その先にあります。


私は、
志を持って生きてきたことに気が付きました。


夢という言葉に、
惑わされていたように思います。

この夢と志が、全て夢と言われていることで、
私のように混乱している人もいるかもしれません。


夢と志の違いを理解したところで、
私は、やはり志のある方に惹かれますし、
周りは志のある方々が多いと改めて思い、感謝です。

これは、私が志を持っているからこそ、
巡り会えたご縁なのだと思います。


夢は叶えたい(志)の途中にあるものに思います。
あなたの想いは、夢でしょうか?
それとも成し遂げたい志でしょうか?


夢はいけないと言っている訳ではありません。
人それぞれですが、自分が満たされた後に、
志を持つ方もいます。


もし、志がある方は、夢の話で終わるのでなく、
志までを話た方が、自分にも相手にも
伝わるのではないかと思いました。


今まで私は、夢しか語ってなかったと思います。
どうしたら、世界に貢献できるかばかりを
考えているのですが、
世界中に旅行に行きたいとだけ話していたら、
そんな夢があるんだなと思わるだけです。


世界に行って、その経験を持って貢献したいと
志まで公言することで、そこに賛同者が現れたり、
自分だけの力でなく、他の人の力も集まるのだと
思います。


その志が、「使命」というものかもしれません。


お読みいただき、ありがとうございました。